ナノゾーンコートの安全性

酸化チタン光触媒は人体・ペット等に悪影響は出ないのですか?

ナノゾーンコートを施工した表面は酸化チタンで覆われます。
酸化チタンは食品添加物として認可されているもので、食品や化粧品などに広く使用されています。光触媒として用いられる酸化チタンの多くは微粒子です。
酸化チタンは、アメリカの食品医薬品局(FDA)や欧州でも、食品添加物と認められているほど安全性が高く、また、白色顔料や化粧品、チョコレートなどにも使用されている物質です。
人体に悪影響はありません。
また内壁・天井に塗装した酸化チタンの表面のみで反応が進行するので人体やペット等に影響がなく安全です。
更に、活性炭の様に臭いを吸着させるだけでなく、有害物質や悪臭物質、細菌等を酸化チタン光触媒で分解しますので、飽和することはなく効果を継続して発揮し続けます。

 

酸化チタンがかかってはいけないものは?

基本的に制限はありません。

 

光触媒から発生する活性酸素は安全なのですか?

活性酸素とは、通常大気中に存在し、また体内でも常に生成されているものです。この活性酸素は、大量に体内に取り込まれると、人体に悪影響を与えてしまうことがあります。 光触媒作用により生成される活性酸素は、あくまでタイル表面(セラミックパネル表面)に進行するものであり、空中に浮遊することはありません。また、活性酸素自体の寿命が、非常に短いため、体内に取り込まれることはありません。 日常生活で活性酸素が役立っている他の例として、消毒薬として一般的に使用されるオキシドール(3%の過酸化水素水)が挙げられます。過酸化水素は、化成酸素の一種で、細菌や雑菌を消毒するという働きを持っています。